時代と共に変化する質屋

長い歴史を持つ質屋。しかし現在の経営環境には難しいものが。

質屋を見直そう

時代と共に変化する質屋

質屋と言うと時代劇などで目にした人も多いと思います。

着物をたくさん持ってお金に換え、夕ご飯のおかずを買って帰る・・・などと言う設定。

質屋の明確な歴史は分からないのですが、鎌倉時代には米などを預けて利息を取る仕組みが出来ていたことから、7〜800年はさかのぼれそうです。

しかし、現在の形で落ち着いたのは元禄時代ごろと言われています。

現在の三越の創業者も江戸へ出てくる前は質屋を経営していました。

落語にもずいぶんと登場します。

庶民にとって欠かせぬ存在であったようです。

しかし、昭和40年代大変な時代がやってきました。

サラ金など消費者金融の台頭です。

かつては現在ほど規制が厳しくなく庶民は消費者金融で手軽にお金を借りるようになりました。

物がなくても借りられますし、定期的に返済も可能です。

もちろん、消費者金融にはマイナスの面もありますが、事実この頃から廃業する店も増えていったのです。

現在の質屋はその時代を乗り越え、現代風の経営に切り替えた人々です。

金融の面より中古売買に力を入れるお店も多くなりました。

ネットでお金を借りられませんが、質流れ品を買うことはできます。

時代が見えますね。

■ おすすめサイト ■
JAF

Copyright (C) www.incendie-stedg.com. All Rights Reserved.

質屋を見直そう