質屋と社会との関わり

物を預けてお金を借りると言う質屋の古来からのスタイルについて。

質屋を見直そう

質屋と社会との関わり

街角で○に質と書いてある暖簾。

これぞかつて庶民の味方、健全金融として長く君臨した質屋です。

そば屋のような雰囲気なのに中古品置いているし、と疑問に思っている方も多いかもしれません。

質屋は物を担保にお金を貸してくれる立派な金融業者です。

しかし、利息に振り回されず、払えない時はその担保を取られておしまい、と言うシステムで、利息に苦しまされる怪しげな金融より健全とも言えます。

たとえば、競馬の資金が足りないので競馬場の近くの質屋で原チャリを質(担保)に入れ、数万円借りて競馬で儲けて、利息と元金を払って原チャリを引き出し家に乗って帰る、と言う具合に使います。

競馬で負けた場合は電車で帰るしかありません。

でも、3ヶ月以内に利息と元金を払えば原チャリは戻ってきます。

最悪、利息だけ払えばまた3ヶ月のばして貰えます。

利息すら払えない場合は、残念ながら原チャリは質流れと言って所有権が無くなります。

その場合は借りたお金と利息は払う必要がありません。

売ったと思えばきれいさっぱり後腐れはありません。

さて、その場合、質屋はその原チャリを他の人に売って儲けることになるのです。

案外複雑なシステムです。

-参考サイト なるほど!質屋の歴史 http://www.ajoaninhadeverniz.com/-

■ おすすめサイト ■
JAF

Copyright (C) www.incendie-stedg.com. All Rights Reserved.

質屋を見直そう